従業員の離職率が高い会社はとても大変です。
確かに近年は失業率が上がっておりますので、従業員の確保は難しくないかも知れません。
しかし、従業員の出入りが激しい企業というのは、経営が安定しませんし、何よりいつ誰が辞めるであろう空気が蔓延している会社というのは、かなり雰囲気が悪くなっておりますので生産性のアップが難しい状況です。
特に新型コロナウイルスの影響が著しい現在において、いかに気持ちよく働いてもらうかという事はとても重要なポイントになってきているのです。

従業員の離職率を下げるためには、従業員を大事にしている所をアピールする必要があります。
例えば、新型コロナウイルスの感染リスクを下げるために時差通勤を推奨したり、テレワークを実装したり、普段から残業や休日出勤のないような仕組み作りをする必要があります。
残業や休日出勤をなくすためには、従業員に頑張らせるのではなく、頑張らなくても仕事をこなすことができるような取り組みが重要になります。
例えば、コボットのようなRobotic Process Automationサービスなどを導入することによって、簡単だけど面倒な作業を減らしたり、社内のパソコンをスペックの高い物にするなどの取り組みが必要になります。