新型コロナウイルスによって、様々なスポーツが制限されてしまっています。
特に身体が接触するようなスポーツや、屋内で行うスポーツなどは、新型コロナウイルスの感染リスクが高いとして、注意が促されています。
そのため、バスケットボールや柔道、ハンドボール、レスリングなど屋内のスポーツでありながら、他のプレイヤーと肌が触れるようなスポーツは、新型コロナウイルスの感染リスクが高いために、よほど真剣に感染対策をしなければいけません。

逆に屋外で身体的な接触の無いゴルフやテニス、サイクリングなどは、感染リスクが少ないスポーツとして人気があります。
野球なども、注意していけば観戦リスクを減らすことができますが、ベンチでの感染対策などが面倒なこともあり、素人レベルで集まってプレイするのは難しいかも知れません。

わたしが、金澤幸緒と一緒に考えているのが、新型コロナウイルスがおさまるまでは、趣味のテニスなどを休止し、代わりに他の趣味を楽しむということです。
オンライン麻雀でも構いませんし、オンライン飲み会なども楽しそうです。
また、二人とも一時期ハマっていたウクレレなどの音楽に取り組むといった時間の使い方もできます。
今は何より感染者にならないこと、外出を自粛することが重要だと思います。
https://kanazawa29083019.wordpress.com/